脂肪溶解注射の特徴

17年08月22日

未分類

脂肪溶解注射の特徴 はコメントを受け付けていません。


脂肪溶解注射について詳しく説明すると、薬を皮下脂肪に注射することで、脂肪細胞にダメージを与えて破壊し、注射した部位の脂肪量を減少させます。メスや麻酔をすることなく、手軽に注射をするだけで部分痩せができるということで、近年人気が高まっており、様々な薬液が開発され、より効果の高いもの、ビタミン剤を一緒に混ぜたものなどが登場しています。脂肪溶解注射は、特に、あご下や二の腕、下っ腹、太ももの内側等、ダイエットをしても痩せにくい部位でも効果が出やすいことが特徴です。

脂肪溶解注射を一度打ったからと言って、脂肪吸引のようにすぐに目に見えて大きな効果が出る訳ではありません。何度か注射することで、少しずつ脂肪を減少させます。どこで治療するかによって、注射の間隔、回数、薬剤、薬剤量等が異なりますので、治療の説明を受ける際に疑問点があれば、医師に相談してしっかりと確認をしておきましょう。

脂肪溶解注射は手軽にできる為に誰でもできるイメージですが、妊娠中、授乳中の方や、糖尿病等の血管の病気を併発する病気を患っている方、肝臓病、腎臓病、自己免疫疾患を患っている方、小さいお子さん、炎症のある方等は、治療を受けることができません。